Funky join us!
そこそこトナメ思考を試みつつテンプレを真似したり、ファンキーぶって外れたりしたい感じになりました。FOW他TCGについて極稀に書いていきたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠のCO惑杯 レポート

 ようやく隠のCO惑杯のレポートです。
4弾が出てある程度たってからの大会。環境初期の方向性が見えてくる時期ですね。
では早速今回持ち込んだデッキから。

コロッサス:鎧皇
黒ジェム14リターン3グロウ3
2:邪眼魔神3
3:巨爪の影獣3破丸2
4:蝙蝠魔神3霧の魔斧士3甦生の幻術2デモニックチャージ2
5:鋲盾3鎌鋏3
6:爆炎3
8:ヴェルガス3

 甦生入れ替えたところが曖昧なのでチャージ1→ザラーム1だったやもしれません。
当日になってようやく甦生を入れ替える遅さがある。

 それはさておきデッキの選択理由。
・ヴェルガス・ギガンザスのカードパワーの高さ
ざっくりいうとこれにつきますかね。

 まず、環境初期の為、そして4弾で大幅にはかられたボトムアップから、
いつも以上に多くのデッキの参加してくると思いました。
そのため、環境に対してあれこれ考えるよりも、パワーカードを使った方がいいと考えました。
 
 なぜヴェルガス(ギガンザス)を選択したか。
まずはヴェルガスを使おうというところから入りました。
ヴェルガスのCIPにより構築上低コストを一定以上割かなければならない、
種属デッキに有利が付くと思いました。(モンクやオーケアン等々)
また、単純に6/6と攻撃時能力により、戦闘を有利に運びやすい点もいいと思いました。
 次になぜギガンザスを選択したか。
ドロー能力の質の高さ。これに尽きますね。こいつの強さはあえて言うまでもないほどですかね
今回はヴェルガスの始動の遅さを補うために、グロウルビーの導入。
そして、アーマービーストを始めとした高性能のダブルブレイクもち。
これらを素早く的確に確保し、4t魔斧士5tアマビ6tグロウヴェルガスを達成するため、
ギガンザスを使うことにしました。

 こんな感じでデッキを選択。
果たして結果はどうなったのか?それでは次は試合内容へ。

・1回戦 対ガングルド
 いきなりガングルドか~強そ~って自分はギガンザスなんですけどね~とか話す。
早速種属デッキだなぁとか、ジェムコンなのかデッキアウトなのか微妙に読みづらいなーとか、
そんなことを考えながら先攻初手ジェム2リターン込みで3枚マリガン。

 マリガン後、4枚ジェムがたまったのでワンチャンジェムコン狙いジェムを埋める。
その後、お互いプレイなく1t目を終了。続いてジェムが埋められそうなので更に埋める。
お互い2tプレイなかったのでワンチャンジェムコンいけるかなー?等と思う。
 3t目、リターンセットから黒ジェム、グロウ、ヴェルガスがめくれる。
ハンドには確か黒ジェム、影獣、ヴェルガス、甦生があり、色々な択がとれそうでとても悩む。
数回の使った中で手出しヴェルガスをして勝ってきた点。
グロウと黒ジェムならグロウのが少ない点。この2点からグロウを選択しました。
その後、黒ジェムをロカスに埋め、影獣をプレイ。ここでこの勝負が決しました。

 返しにガングルド調練赤ジェムスカからの暴食プレイ。ちょっと渋い顔。
その後ドローでジェム引けず。渋い顔。ギガンザス能力。黒ジェムなし。とても渋い顔。
確かグロウがめくれる。皮肉なものである。なにもプレイできずに終了。とてもつらい。
返しに悪戯が出てきて暴食でロカス殴られる。ジェムコンは諦めていたのでそれはよい。
トップ見る。ジェムが引けず。次のターン、ドローギガンザス能力共に黒ジェムなし。
ここは確か黒ジェムはあるにはあった。リターンである。ここで薄いとはいえリスクを踏んでしまうか。

~この前後から記憶曖昧~

 この後、破丸プレイエンド。斥候プレイされる。邪眼プレイエンド(ジェムなし)
ガングルドから龍装プレイされる。この返しに邪眼プレイしたかもしれない。
バリスタで破丸焼かれた記憶と、その後にヴェルガスプレイ。
返しの咆哮に対して爆炎で斥候と一緒に焼いた記憶しかなし。
ヴェルガスでしかロカス殴れずあっさりジェムを埋めなおされる。
ロカス8個でコンプされたはずなので後攻9tコンプ負け。ちょっと間が曖昧ですね。
今回はトナメなので初戦敗退。これ以上特になしです。

・反省
 今思えば、暴食だか一体を焼くためにヴェルガス手出しは焦りすぎでしたね。
甦生ヴェルガス+グロウ鎌鋏とか、もう少しいい手はありそうだったかなぁと思います。
しかし、それ以上に黒4未達時のつらさを未経験だったこと。
そこから来る3t目の選択も微妙さがありましたかね。
ただし、3tの選択自体は手出しと甦生の両取りによるヴェルガスの押し通し、
練習ではドロー+ギガンザス能力で引ける見込みで動いていたため、
練習通りにできたことを思うと、振り返ると悔しくはありますが、悪くなかったとは思います。
 どちらかというと、序盤に取った(練習でやってこなかった)ジェムコン狙いの動きが、
ぶっつけ本番でどっちもやるぞという下心?があり、結果ジェムの不足を招いたと思うと、
こっちの生兵法が真の敗因だったのかなぁと思います。

・ざっくりまとめ
練習の少なさからくるジェム不足未経験による認識の甘さ。
練習と違うことを下手に本番でやろうとしない。

・これから
 優勝はヴェルガス入りギガンザスだったのは見たので、選択自体は正しかったと思います。
デッキの選択はたCOやき杯の時もコロッサスだけは同じだったりと悪くない(自己正当化
実際練習時には確かなデッキパワーを感じたので、しばらく練習を重ねていきます。
まだ魅惑の刺客など、試してみたいカードもありますしね。
これからはセットジェム4を重視することを意識する等プレイも見直していきたい。
 また、並行して4弾版重獣神も触っていきたいところ。
この2つをコンスタントに使い続けて全国予選に備えていきたいですね。

・おまけ
 シールド戦にも参加しました。
6パックで恍惚グロウ神殿テリオス清心番兵となかなかよさそうな引き。
ギガンザスを選択して出場するものの、序盤にジェム引けずクラッシュ2立てられる。
じわじわ盤面取り返したけど間に合わなくて負け。多く語りたくなし。

 シールド戦自体は、コロッサスとプレイの併用でいつもよりセットジェムの多さが活きたり、
普段使わないカードを使ったり、まず並び立たないフォロワーが一緒に並んだりと、
独特の面白さがありましたね。またプレイして見たさはあります。
ただ、翔神ギガンザスがド安定すぎるので、そこのしらけ感は否めなさがありますかね。
この辺は自分はまともなゲームできなかったわからなさもあるので、
変に使いにくいコロッサスにしてストレスたまる構築でさらにストレス貯めるのも不健全さより、
ここはほぼ固定でも楽しいゲームできる方が健全かも知れないですね。


 非公式?大型大会では結果が振るわないのが続いてレポ書いてても情けないですね・_・
振るわない時は結果残そうとして使い込みの甘いコロッサスだなぁと感じるので、
全国予選?までには繰り返し使って、悔いのないような試合ができるようにしたいです。
それでは今回はこの辺で、マイティコロッサス!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

えなかん@十六夜

Author:えなかん@十六夜
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。