Funky join us!
そこそこトナメ思考を試みつつテンプレを真似したり、ファンキーぶって外れたりしたい感じになりました。FOW他TCGについて極稀に書いていきたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使えばわかる柔軟さ!?今を生き抜きたいミッドレンジ ~うまぶりティフェアリー~

 珍しくやる気がある為隙間の短い投稿です。
前回のカジュカジュしたデッキとは一転して、大会に持ち込めるようにしたいデッキですが、まだまだ研究中のデッキなので広く意見を求めアウトプット。早速リスト(ガチャログリスト番号:86482688)86482688.jpg リストを見てもらったところで、デッキ全体のコンセプトと各カードの採用意図の説明と簡単な使用感、改造案の展開をしていきます。

◇コンセプト
 前々から興味のあった妖精が触りたく、覇者メモ入り妖精したさ、バトスピで大好きなスタークレイドルに似た瞬動+アポロがしたさ、どうせ構えられるならコントロール要素との折衷をしたさ、等々多々ある欲張りから入った構築。グウィティタ系のブン回り力、コントロール系の捌き力を少しずつ貰いながら、妖精でまとめていることによる種族シナジーを活用したい。と、とにかく欲張りなミッドレンジになっており、コンボとコントロールが渦巻く環境にミッドレンジを使いたい人の気持ちを満たしたいデッキになっています。

◇各カードコメント
○ルーラー
 妖精ということで妖精アリスなども気になりつつも、環境デッキに倣いフィースシング。相手エンドにオーベロン+1妖精+ティタでレスト軽減のテンポロスを補う過程でトークンしたり、時には水形ねじれをしたりで、相手ターンにもトークン効果を余すことなく使えるのがクール。2枚目の書庫でエルフを指定することでサブの攻め手を確保できたりするのも偉さ。

○魔石
・覇者
 レガリア8↑多色構築の為4投。コントロールミラーなのが把握できている場合は、マリガン時レガリア引き全力を目指さず、護衛やオーベロンの確保を優先してもいいと思いますよ。という程度のコメントしかないです。

・森羅の魔石
 妖精やサイド含めた呪文群の色参照を考えるとベターな魔石に思います。ただし、まだ構築に改良の余地がある為、それに合わせて1~4枚柔軟に変更できる枠と思います。

・妖精のメモリア
 妖精構築ながら2枚。つい沢山入れたくなりますが、呪文・アディションのプレイに置いてはかなり役に立ちにくい魔石になるため、それらを多めに取るこのデッキでは2枚がいい感じかなと思いました。10枚にする時はこれを1枚にしてもいいと思うし、次弾にてねじれから赤白6ゲイン6焼きに変更、次元脱出投入等、白が厚い構築になるなら3枚以上を考慮してもいいと思います。

・悲哀の屍術のメモリア
 フック系に影の舞はさせぬぞという申し訳程度の抵抗。他にも生き物で戦うデッキの為、攻防が落ち着いた時等に水形術やねじれの掃除も狙い。海外だと4マナの呪文拾いウーマンも散見するため、自分の印象より嫌なカードであり得ると思いたい。また、次弾では天照や赤青の追憶付与呪文など、墓地に触るカードが増えうる為、それも見据えて先駆けての試験投入でしたが、個人的な使用感は結構重く振る機会は少ないものの、少ないリスク(主に再序盤の色事故)で止めにくく繰り返し使える墓地対策が確保できるため、1投続投は十分していいカードだと思います。メタカードになるため、環境を考慮して不要と判断したら抜いていいと思います。

○メイン
・レガリアの枚数
 最近はフィース・御影を問わず9枚も結構トレンドっぽいですがこのデッキは8枚。覇者+妖精しようとした人は特にわかると思うのですが、枠がとにかく足りないので8枚。ただレヴァ剣とか4枚目のアポロもよさそうな為9もいいかも?

・アルテミス
 フィース系、特にフックでなくグウィティタ系の押せ押せデッキが特に早い為、0コスでアクションできるこのカードはじっくり立ち上がりたいこのデッキには重要。コントロールデッキに倣いメイン-サブ:3-1がベターな印象。

・アポロ
 このデッキの目的足りえる重要カード。護衛+オーベロン、あるいはオーベロンがいる時の妖精が瞬動で動けるため柔軟性が向上し、特に護衛の回収は低コストで相手の除去等をはじく機会を増やせる為イチオシ。現状サイドにある風光明媚始めとした覚醒の月や1を払える機会もある為頭に入れていきたい。

・角笛
 コントロール系の動きにもなり得る為、念のため投入。は、したものの今回御影と2本やってもそこまで伸びるゲームにはならなさそうな雰囲気があったため、妖精自身、そして御影側の使われ慣れによる相互の研究が進むと声がかかるかもですが、現状この枠をレヴァ剣・アポロに変えてもいいかもと思います。その他墓地利用が流行る様なら投入を。

・アルモニカ
 構えるデッキである点、水の妖精のサポートを見込んで投入。使ってみた感じ思ったより使う機会はなかったものの、そこまでストレスはなかったのでお守り感覚で1投継続でいいのかなと思います。

・水の妖精
 初手プレイに向くとりあえずで出しやすい妖精。ティタ軽減始め、ティタ+水形と合わせて一方取ったり、特に組み合わせずチャンプしたり殴ったり、稀に黒月に回収されたりと、細かい良さが沢山。既存でよく知られるアグロ系妖精だと妖精マシマシですが、このデッキではサイド後含め妖精枚数が少なくなっても余り気にせず採用していいと思います。

・黒月
 水と違い少し経ってから出したい妖精。PIG回収により相手の除去行動に対するヘイトが高い為、飛翔と相まって細かく削れるいぶし銀。特にコントロール相手に妖精メモリアでパンプしてじわじわ削るのがセクシー。また、展開時織り交ぜる事によって全体除去対応時アポロと合わせ被害軽減に役立つ。このカードによって護衛・オーベロンのプレイ枚数が増え、時にはヴィヴィアン・ティターニアを拾ってもよいと、少しタイミングは選ぶものの柔軟でよい。現状自前で処理する手段に乏しいため、レヴァ剣・ブラリなどを投入すると動きによりパターンが増えると思います。序盤の活躍が薄く、重ね引いた時回収したさも相まって必要なプレイをしないミスを犯す可能性もあるため、3枚に削る、もしくは1枚をサイドに移し前述のブラリやレヴァ剣始めとしたピン投カードの枠に変えるのも検討してよいと思います。

・護衛
 単体バリューはかなり薄い反面、サポート力がとても高い妖精。オーベロンを要求せず瞬動できる為、構えのバリエーションを作りやすい。前述のアポロや黒月によるプレイ回数の向上が見込みやすく、水形やねじれにこいつでちょっかいかけるだけでじんわりテンポ確保できるのが偉い。ついついオーベロン・ヴィヴィアン・ティターニアといった重要な妖精を対象にしたくなるけど、細かい奴を守ってテンポを取る事、時には瞬動能力自分してチャンプブロッカーしたり、ティタ・ヴィヴィアン・メモリアによるパンプでこそこそ点数取れたりすること、能力に拘らないティタ軽減・ヴィヴィアンパンプ要員の動きも忘れずに。黒月同様いつでも気軽なカードではないため、同様に3-1にする、あるいは抜く枠に検討可だと思います。

・オーベロン
 このデッキをこのデッキたらしめている重要な妖精。このカードによって、全ての妖精が瞬動タイミングでプレイできうる為、相手の動きを見て展開と除去を同時にみることができ、うまぶりティが高い。水形と合わせて一方がとれたり、護衛同様アポロと合わせたテクムーブも可能。着地して除去されないのなら、相手ターン・自ターンと切り分けた展開によるトークン水増しもできてテクい。黒月の回収対象筆頭な為、手軽に放って除去を誘ったりも。

・ヴィヴィアン
 ライフを一気に詰めるフィニッシャー枠。オーベロンによって、自身のプレイ、パンプ要員の展開に幅を持たせられるのがグー。書庫がある時には着地即能力もできる為、護衛とのかみ合わせが向上。余力の残せないパンプによる詰めは極力避けたいが、時には必要にもなるため要練習。また能力構えだけでなくパンプのない時のアタック検討も忘れずに。白白も3コスも重たい為、現状2枚程度が適切に感じる。

・ティターニア
 ヴィヴィアン同様フィニッシャー枠。こちらも同様にオーベロンによりプレイ幅が広がるのがよい。相手ターンに展開することで軽減要員も即殴れるのはこのデッキならでは。このカードのお陰でグウィティタ系の様な早いゲーム展開も仕掛けられうる為、手札によっては狙っていきたい。ヴィヴィアンに比べ1コス展開の可能性がある点、常時パンプができリソース消費を必要としない点、条件能力が無い為プレイミスもしづらい点等、扱いやすい為こちらは3枚でもよさがあり、前述の早い展開を強く意識するなら4にしてもいいと思うカード。

・無名の霧
 メインサイド枚数散らしがマイブームの為メインピン。ピーピングハンデス特有の前方確認・露払いが主体で時々カウンター乗せたり。フィースな為2枚目に使うことでトークンに乗せたりするのがうまぶりティ高い。動きやすさを重視して霧を取っているが、嘲笑や帝国の策謀への変更、あるいは散らしも検討してよいと思う。

・水形術
 環境を定義する対応呪文。グウィティタ系の様に攻めに邪魔な飛翔を消したり、コントロール系の様にねじれアルテミスと合わせて除去したりする為、より広く使えるよという以外には特にないです。コントロールよりの考えで3-1採用。

・ねじれ
 構えるデッキの御用達呪文。水形術同様よく知られる通りリゾにJに、便利に使えるよという薄い内容。ただし、昨日使った時は対グウィティタでストレートされ、御影に比べ序盤のトークン露払いができず、時間を作りにくいため、ロングゲームで扱いたいこのカードは打ちたい相手にもややかみ合わせが悪いか?という印象も受けた。その為、2-0ないし1-1、思い切るならメイン0~1サイド0まで減らして、次元脱出や炎の妖精で対グウィティタに強そうなカードに差し替えるのも十分検討に値すると思う。

・書庫
 主に対コントロールメインにコンボ系にも隙間にワンチャンできる圧力系カード。前述のヴィヴィアンの安全性向上に加え、全妖精が炎の妖精の様にパンプ即パンチできるなどヴィヴィアンとのかみ合わせがよいカード。また、オーベロンによる相手ターン展開に対応された場合の返しの展開がかなりダメージに繋がりやすくなるため、作った隙間を有効活用しやすくなるのが偉い。また、時にエルフ指定、破壊警戒2枚目キープなど柔軟に。メインかサイドに計2枚くらいがベターそう。

・翼人の住まう地
 主に対コントロール用。こちらもフィーストークン同様ターン1制約をオーベロン、護衛による有効活用できる点がホット。おまけの様なパンプ効果も耐えたりダメージ足したりできる為サイズの小さい妖精には嬉しい。重たく対コントロール用が主眼になるため、環境のコントロールの量によって計2~3枚をメインサイド適宜振り分けるカードかな?と思います。

○サイド(メインにないもののみ触れます)
・炎の妖精
 対フィースのトークン、並ぶようなら他のカードも射程に入れたり、書庫なしでもヴィヴィアンパンプパンチしたりと仕事は結構しそうな妖精。対コントロールを厚くみたかった点、書庫を採用している点、赤の出る魔石が控えめな点で、メインの束だけの時にはいなかったけど、とりあえずサイドには入れておいてみよう枠。対グウィティタも1手目だとかなり素晴らしい動きはしそうだが、受けに回った後半だとあまり効果がなく、グウィティタを素早くみられるカードを増やしたい以外では無いなら無いでもよさそうに思える。ただ、他に比べ妖精な為種族シナジーを受けられる点、生き物として扱える点は強い魅力な為、枚数配分は要研究。

・黒い月光
 対J系のお守り枠。御影は破壊するよりいなしたいし、他はこのカードのお陰であまりJを主眼にしてこない為、思い切るなら抜いてもいいかも?(怖くて抜けない)みたいな感じに思います。

・風光明媚
 コントロール色増強用カード。デッキコンセプトの関係上かなり構えやすく、護衛と相互に補い合えうる為、対抗を厚くできるのがよさ。やはり持っていると安心感がグッと増すため、こちらは枠がつくれたらメインに移してもいいかも?と思いました。

・湖月
 フック系を強く意識したカード。グウィティタ系程早い展開ばかりでもないため試験投入。今回は当たらなかったため使用感はわからないが、明媚に比べ重かったりアポロで逃がされて再プレイされたり、キャスリング、シオンにも対応できる分気になる点も少々。環境感・使用感に応じて、増減するのに便利な枠として考えていきたい。

○入ってないけど気になるカード
・新妖精アリス
 対御影色が強そう?レヴァ剣込なら自身パンチ+妖精リカバー、神技パンプによって大きく打点を出せる点が小競り合いに勝った時のイニシアチブの取り方でホットな印象。現状の妖精アリスに比べ全体的に軽くなっているため、研究余地の出てきたカード足りえると思います。

・ルーラールミア
 押しつけ力の向上。妖精リフのリカバー効果の様にブリンクが使える。また、自身の点取り力が高そうな点がクール。ヴィヴィアンや炎の妖精を積み増したアグレッシブな構築に寄せる場合、気分がよさそう。

・始まりの時
 対コントロール色が強い。翼人の住まう地に比べ早く確実に確保できる点、全体パンプによる強い決め手になりうる点、軽い点でホット。瞬動タイミングで打てない点、使い切りという点が少し気になる感じ。次元脱出採用と合わせて白が濃くならより打ちやすくなるため、要検討。

・次元脱出
 対グウィティタ系。今回ストレートされた為、かなり採用したいカード。採用するなら白入りの魔石を少し増やしたい。

・始祖の王の召集
 対コントロール。始まりの時に比べテキストの総合力は劣るが、詠唱破棄である点、アポロ2枚で1ウィルで打てる点はホット。始まりの時の使用感に応じて検討できそうという感じ。

※書いてる最中に思いつく辺りだとこんな感じ。要採用検討カード思いついたり思い出したりしたら適宜ツイッターないし記事で展開したいと思います。

 以上、今回のデッキについてのアウトプットになります。ミッドレンジ好きなそこそこデッキビルダーとして、なかなかいい塩梅に妖精+レガリアをまとめ上げミッドレンジフェアリーの叩き台を作れたと思います。
 このデッキが環境に参入できるほどかというと、正直微妙なラインですが研究次第であるいは?という期待を持てるラインでもあると思うため、一緒に研究してくれる人がいいなと思い、頑張って、そして思い切ってアウトプットしました。自分自身このデッキを次のAGPに持ち込むのか?というと、そもそも新弾あってどうなるかわからんし?みたいなところがあって情けない限りですが、持ち込むデッキとして検討できる様、研究はしていきたいと思います。皆さんのリアクションにもめちゃ期待しているので、このデッキいいねとか、このカードも考えたらいいんじゃない(ファンキーめ)とか、あるいは気に入ったから一緒に研究はしてみたいまで待ってますので、ついったー(@ENAKAN_IZAYOI)まで何かしら頂ければ幸いです。
 次は来週火曜に次弾プレビューが終わるため、腰が上がったらそれを見ての雑感をアウトプットできたらいいかな~位に思います。
スポンサーサイト

カジュアルデッキ紹介 ~グロリア城下~

 先日の関西交流会で久々にファンキーしたので記事更新。
今回紹介するのは大好きなグロリア城下デッキです。
今回のリストは初心者の人とも遊べるカジュアルさを少し意識して構築しました。
では早速リスト。

53473145.jpg

 動きは捻って回復勢でじわじわ回復しながら粘って、城下やファリアを確保。
その後リカバー前捻りでパンプからのパンチ、
もしくはJして捻りでパンプして盤面を強くしてから攻勢といった感じです。
 また、今回はそれ以外の動きとして妖精を取り入れています。
始まりの時で光の妖精を集め、400×4で毎ターン1600回復は相手をげんなりさせること請け合いです。

 続いてこのデッキに興味を持ってくれた人のために、大会に持ち込むなら考えたそうなことと、新弾も含めた改造案をいくらか添えたいと思います。
・環境意識
 現状の環境はフィース←コントロール←フック系←フィース…(複合する場合もあり)といった三すくみが考えの一つとしてあると思います。
 そしてこのデッキ(あるいはベースに改造したデッキ)は正直これらのデッキに比べデッキパワーで劣ると思います。なので、環境に持ち込むならこのいずれかに厚く組むのがよいかと思います。
 この中だとメモリアを諦めて白単にして次元脱出を組み入れ(ルーラーをゼロにしても良いと思います)対フック系にワンチャン作りつつ、フィース系にワンチャン嚙み合えって感じがワンチャンあるのかなぁと思います。この辺は試してくれる人頑張って~(丸投げ

・新弾・混色含む改造案
 ここからはカジュアル思考も込々のあれしたいこれしたいワイワイ重視で色々提案していくので、環境とズレた思考も多々あり、ファンキーな語り口も多々ありです。
・白
 天照がイチオシ。申し訳程度のライフゲインシナジーも持ってるしこのデッキのために生まれたカードといっても過言ではないでしょう(過言)
 ティターニアめいた出し方で小物が並ぶこのデッキには頼もしく、なおかつレスト効果でないので気軽にアタッカーにしやすい、アドの細さを墓地からのつり上げで補いやすい。とこのデッキにとっても良カードだと思います。
後は旧弾のカードだとコウノトリや北の聖騎士なんかもホットに思います。
・赤
 新弾白赤が使えるのが頼もしい。ルミアの裁きで次元脱出に+αの除去を増したり、紅蓮の光で相手のブロック見て除去or本体+パンプといううまぶりムーブなんかがホット。また、ファリア構築でジ・アース(魔石)を入れることで、Jの後追加プレイができる=僧侶とかも誘発が狙えるのがテクい。
・緑
 これまた新弾白緑が使えて頼もしい。こちらはファリアの召集、かぐやの月光蝶、あるいは旧弾の世界樹の恵みといった、自分の動きを少ないロスで安定させることで、強みを押し付ける構築や、あるいは風光明媚や強風で受けを強くする構えを取る構築も。
 特に前者の構築は僧侶・城下へのアクセス向上、ひいては重ね張りを視野に入れられることにより、尖った動きがしやすくなるので捻る回復じゃないアプローチが取れて違った構築が検討できそうな点がグー。
・青
 新シャルロッテがとにかくありがたい。このデッキのコンセプトの超パンプを水形術で400に戻されるのを始め、対応除去されるのがかなりつらいので、水形術始めとした対応をされづらいこのカードは、かなり頼もしく感じます。猫囃子先生シナジーがあるのも嬉しい。
 また、ルーラーシャルロッテもドローで回復することができる為、城下へのアプローチの一つとして頭の片隅に入れていきたさ。ティターニアを加えた妖精アプローチの拡大や、フックや湖月、水形術といった環境でホットな青の強力カードに触れることでベースを強く組みやすい点でもいい色だと思います。
・黒
 新弾のカードは色のかみ合わせが悪いため、これぞがありませんが猿や御影なんかは僧侶とシナジーしてたり、ライフゲインを一応持っていたりしてよいですね。環境を見てコントロール枠を狙ったアプローチをするのにタッチしたそうな色に感じます。

 ざーっくり適当ですが、今の城下感はこんな感じ。
環境で使うのは正直かなり大変だと思いますが、とかくシナジーとパンプが気持ちいいアーキタイプになっているので、カジュアルに遊んでもらえる人がいるなら一度は触れてもらえると嬉しいです。
これからは腰が上がったらこんな感じでファンキーデッキの提案もしていきたいな~と思います(こなみ) ではまたいつか腰の上がった時に~

プロフィール

えなかん@十六夜

Author:えなかん@十六夜
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。